読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石鹸ってどんな物選んだらいいの?あなたの石鹸選びは間違っていた!

石鹸選び、さて、どんなものを選んだものか、
とマーケットで悩んだ方もこれまでいたかと思います。

Kaufhof_center



皆さんは普段どんな石鹸を使っているのでしょうか?弱酸性?アルカリ性の普通の石鹸?今回はそんな皆さんの要望にお答えしていこうと思います。

68A42s1



そもそも石鹸とはどんな性質の塊か、という事から説明していきましょうかね、と言う事で最初は石鹸とは。です。

石鹸とは油に苛性ソーダを加えたものが一般的だと思います。では何故それで汚れが落ちるのでしょうか?


sss



それは石鹸と呼ばれる塊が持つ、酸性、もしくはアルカリ性の溶解、分解をする性質を利用しているから、古い角質を溶かして汚れを落としている訳ですね、

と、ここで疑問が生じた方は頭がいいですよ!新しい角質も溶かしてしまうのでは?

はい!実はその通りです。 そこで新しい皮膚に傷がつくと(溶けてしまうと)どのようなことが起こるのでしょうか?皮膚の下には血管が通っていますね、やりすぎてしまうと実は石鹸でも血が出てきたりといったことがあります。

s771x9999_アトピー性皮膚炎の皮膚



更には肌が弱い人であればそれは肌がカサカサになる一つの原因にもなってしまったりします。
僕自身も元々肌が弱く石鹸を使ってきていた身ではあったのですが、ある洗い方に変えた途端にカサカサ、やかゆみが全くといって良い程になくなりました。

image



そこでもう一つ、何故石鹸を使うとカサカサな肌になってしまうのか?それは石鹸が持っている油を溶かし込む作用が関係しています。

石鹸の中には油が混ざっているのは材料の説明の時に書いたと思います。

油は実は水には溶けにくいですが、油に溶けやすいという性質も持っています。石鹸はそれをアルカリ性、もしくは酸性の性質によって強力な溶油作用と分解作用を持った塊なんですね!

そして肌から油がなくなってしまったら人間の肌はどうするでしょうか?反射的に油をもっともっと出せ!という指令が出てしまうんですね、肌も同じです、反射で新しい皮膚までなくなったら、もっともっと新しい皮膚を!と指令を出してしまうんです。そしてこの代謝の加速が大量のフケやかゆみを生んでしまい使い続けていなければ不潔な状態を生む負のサイクルに陥ってしまうことになってしまうんですね、昔の人はいいビジネスを思いついたものです。



と、ここまでお話を進めたので後はお分かりいただけるかと思いますが、僕の特殊な肌の洗い方、それはですね

石鹸を一切使わないと言った洗い方です。 実は肌には自身を綺麗に保つ性質が元々備わっているんです。とても良い菌も肌に生息していたりもします。石鹸はそれらを殺してしまい肌を危険な状態に常に置くスパルタ薬剤だったんですね。

さて、その洗い方ですが、なんと簡単です。石鹸を使うよりずっと簡単です。


RkbqaqWQ


まず、頭の洗い、石鹸を使った時と同じように40度前後のお湯で流しながら指先でゴシゴシします。この時に油を落としすぎないように注意が必要です。感覚で言うとちょっと髪の毛が脂っこいなーくらい

頭を洗う用のゴムブラシ等を使うとより良いですよ!

そして体ですが、デリケートゾーン以外はお湯でさっと流すだけで十分です。それだけでも十分体表の町を歩いている時に体についたりした雑菌を洗い流せます。


皮脂は大体40度前後で流れ出すのでその上にくっついている物はお湯を浴びているだけで流れていってしまうんですね。

はい、そしてデリケートゾーンです。ここは手で割とゴシゴシ洗ってしまっても構いません。ホルモンの関係で匂いなどが元から出ている場所ですのでそれは仕方がないですね、偶に重曹等を使って洗うのも有りです。重曹には脱臭効果があるので(重曹の脱臭効果に関してはご自分でご参照していただけると有難いかな)

僕自身この洗い方に変えてから皮脂の分泌量が大分減り頭も常にスッキリしていて痒くない状態に1週間程でなりました。かなり早い効果が期待できる方法ですのでみなさんもどうぞお試ししてみると良いのでは無いでしょうか?




ちょっとした簡単な無駄知識
ニオイが気になるのであれば僕自身が面白いものをご紹介、というか、面白いものができるのでは?というものをご紹介してみようと思います。思いついたもので実作した訳ではないのですが、効果が期待できるのでは?と言う臭い消しの材料です。その名も竹炭ローション

ローション状の物(酸性やアルカリ性ではない植物系のもの)
木炭(竹炭等の粉末)

以上を混ぜ合わせ石鹸の代わりとして使ったならかなりの脱臭効果が期待出来るかもしれません。そして天然ものなので肌を傷めないです。たったの2種類なので簡単にできると思います。良ければお試しくださいな

僕自身これは作って試したわけではないので効果は期待できるかどうかわかりませんがやる価値はあると思います。 もしかしたらもうあるかも?



終わりに

体を洗う際は 石鹸を使わなくてもいいかもしれませんが、何処か遠出をした際や家に帰ってきたときはしっかり石鹸で手洗いをしましょう。病気になりたくなければね!

tearai