読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感情的判断、合理的判断、貴方はどちらの人間だろうか。どちらが悪い?

メンタル 基準

感情的判断と合理的判断を今回はテーマに取って記事を書く事にしました。感情的判断と言うのは例えは悪いですが、分かりやすい例で、肯定か否定かで例えましょう。

img_1



感情で人の肯定か否定かを決める人間は怒りや悲しみ好きか嫌いか妬みや嫉妬喜び等に偏った思考で
肯定か否定かを判断する。という人間です。

98



他の例に例えると、 あの物が何となく嫌い、何か周りの人が嫌いって言ってるからそれに合わせてて私も嫌いという系列の共感ですね。

bipolar-disorder-woman-with-different-emotions



そして、合理的判断によるもの、僕は完全にこちら側の人間なのですが、こういったタイプは物を天秤にかけ、どちらの方が自分、もしくはチーム、団体、全体に対して有益かで判断をしてます。

Image2-1



先ほどと同じように例えるなら、例えば人質を取られていて、犯人を肯定する利益と、多数の人質を肯定する 利益を天秤にかけ、社会全体の益を考えた後、どちらを
肯定か否定するか、と言ったもの。その思考に偏った思考法をする人。

00459000087Z


他の例ではあの人は差別的な発言をして、社会の発展を阻害する一翼を担っているから否定。あの人は大勢の発展に貢献するから肯定。だったりと言った、感情を抜きにして、物事を判断するタイプです。

CMvR1G


 
同じ結果でもその結果を得る過程に有る考え方が全く違うんですね、ではここでどちらが正しかったり、正義はどちらにあるのだろうか、と面白い部分を考えてみましょう。



殺生や殺しは一切認めない、と言う考え方の感情的人間を例に取って見ましょう、彼らは殺生をしていないのでしょうか?



そんなこと有るはずがありません。人間は生きている限り周りの生を殺して生きています。間接的であれ、殺人を犯しています。彼らの食べる食べ物は農家や家畜の生きてきた時間を殺している。感謝しているから良いのか?なら人間を食料として作り殺すことを肯定しては居ないだろうか

Lacanja_burn



そもそも生か死かという考え自体物質的思考に基づいて考えているので僕自身の根底の中には無くあまり関係無いのですが。

big,47



それは僕が神を一切認めず。物質的思想が有って細胞や微細な粒子の塊だと言う考えの元に全ては物であると言う考えが有るからです。この考えは宗教的人間や感情的思考傾向の有る人間の生きる意味を根底から奪うものでして、

adherent_c_large



このネットという自由な言論の場を持って自己的欲求で書かせて貰うと、僕自身、かなり小さな頃からこの考えを持っていて、 他人に話せばその考えは危険だ、だのと言われるのであまり公には言えるものではありませんでした。
よって僕の場合であれば、研究欲以外僕が生きる意味は有りません。

img_1


僕の中では物質粒子そのものに意思の様な物が有るのではないだろうか…と考えていたり、生か死かをあえて当てはめるなら、生物は何を持って死とするのかは意識の継続性を持って生か死かを定義しています。

yjimage (2)



寝ている人間であろうとその考えを元にしたなら意識の無い塊と言う事に成ってしまうのでこの考えにも若干の疑問が有る訳ですが、現状当てはまるものも無いので仕方がないですね。



論理的思考をする人間と感情的思考をする人間では性質が全く異なる方向に進化した生き物だと言えると思います。



論理的思考をする人間は少なく、小さい頃から他とは考えが少数派で違い、否定される側で言論の自由が事実上無いにも等しいです。

yjimage (1)



感情的思考をする人間は数が多く、共感も得やすく、人を動かす様な能力や、周りに合わせる様な傾向が有ります。日本ではバブル期で感情的思考をする人間を主柱に波に乗って成功して来た 人間の巣窟と成っている為、

i320



少数派である論理的人間はある意味日本では悪として迫害の対象となっている。と言うのが何処を見ても言えることではないでしょうか。

Image2-1



日本の環境も彼らの思考を元に作られた物が数多くあるので、バブルを前提にした感情的思想の会社があるのが実情です。

satutaba-thumbnail2



だとするなら、教育は 何のために行われているのでしょうか、私が教えられた物なのですが、教育は論理的思考力を鍛えるために行われる。と言われています。


a00601_ph01



発想が逆だとは思わないでしょうか、論理的思考力が求められる社会では無いのに対してその様な論理的思考から成る会社を作ったところで、感情面を強く求められ、

and_143630



起業をしようと思えば未来的な期待値からの資金援助する体勢は特に無い。 結局彼ら論理的思考力を持った人間は社会から受け入れられず。感情的思考を期待される。社会から作られた人生は運が良くなければ基本的に社会から全てを否定される。

7f71ecfa882bea062e83d608bd539b35



育った環境によって元が同じでもそれぞれ違うのだからそもそも無理な人間には現状無理な話です。



ここで改めてどちらが悪かを定義してみるとしましょ。個人に取っては矛盾を含む社会では無いでしょうか、論理的思考力を持たせるのであれば、起業をする為に必要な物事を小学生の時から教えられる体制を作るべきではないでしょうか?

a00601_ph01



その点で、現時点で言ったなら、社会から見て、論理的思考力を持った人間は悪で感情的思考をする人間は有益な人間になるのでしょうね。 



論理的思考をする人間が求められる社会は多分まだまだずっと先になるのでは無いでしょうか。バブル世代に近い人間達が居なくなった時、初めてこういった社会は成長が期待出来るのではないかと思われます。



今論理的思考世代は社会に会社等としては絶対にやっては行けません。これは断言出来ます。 我々の世代は自分で起業したり、何か、自ら金銭を稼ぎ出す事をしなければ現状未来は有りません。



ちなみに感情的人間は現代社会において現状物凄い貴重で有益とされ重宝されます。 バブル期の際の常識観において普通に笑えて、普通に会話が出来て、相手の事を意識しない明るいコミュニケーションが行える人間はそうそう居ません。



バブル期世代に取っては同類に当てはまる人間ですので、当然ですね。今の教育でも一部分9割がコミュニケーションやコネで1割がお勉強と言う事を教えた方が良いのでは無いでしょうかね。

脳のDNAで思考系は大体決まっている様ですし、その思考傾向を重視した学校を作ったなら、 イジメ問題も解決するのでは無いでしょうか。

多様的な思考は中学校以降で十分です。